take a nap

毎日のんびり 日々の暮らしの中の出来事を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二情緒的青春期

こないだ同居人がコンビニで買って来た「40歳位から伸びる人の習慣」という本。
なんとなくページをめくってハッとしました。40代というのは50歳になった時と60歳になった時のイメージをきちんと持って過ごさないといけないと書いてありました。
目から鱗が落ちた様でした。


と言うのも。


24で同居人と二人(同居人は26でした)仕事を始めてから一度も終わりの事を考えた事がなかったんです。常に全速力で突っ走って来ました。というか、それしか出来なかった。スピードを緩めるとか、ましてや一時停止なんて思いつきもしなかった。 「あんな子供に何が出来る」って言われてた事、頼りたかった母の早過ぎて突然過ぎる死、不安になる位の借金、全部に負けたくないのと、何も考えたくないのとで ただひたすら走って来た気がします。でも、この2~3年は「なにしてるんだろう」ってずっと思ってました。
まさか、自分にスピードを緩めるとか足を止める事もあるという事を考える日が来るなんて思ってなかった。

ずっと腑に落ちなかった何かが見えた気がしました。


 
「もっと頑張らなくちゃいけない」 「もっともっと」






でも。






本当は






心の中では限界も感じてたんですよね。体力的な不安や、若いスタッフ育てる気力、変わって来てる世の中。
頑張るだけではどうにもならない事が毎日毎日あるのに、闇雲に走る事の空しさ。
そう、ただ爆走してればいいという時期は終わったのです。
そう、ワタクシも歳を取ったのです。極々最近それに気が付きました。
なんか少し気持ちが落ち着きました。
同居人とも時間を掛けて色々話しました。



50歳の時のイメージ

60歳の時のイメージ

それより先のイメージ


それで今更ながら気が付きました。

40代というのは50歳、60歳になった時いかに豊かでいるかのスタートラインなんだなぁと。豊かというのは経済的な事もないとは言いません。でも、もちろん気持ちの事です。
旅行に行く体力を養っておく事も、生涯続ける趣味を持つ事も、たくさん本を読む事も。

それで。

少し投げやりだった気がする毎日を(特にこの2,3年は)、ほんの少しずつではありますが丁寧に暮らしていこうと思う様になりました。

そうしたら、本当に心が軽くなりました。






rps20120122_092258_651.jpg
ハワイで飲んだオレンジジュース。
入っているのは4個分のオレンジ果汁とハピネスとダブルレインボー。
明日もいい日であります様に
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

fumikichi1103

Author:fumikichi1103
九州火の国で暮らしてます。
季節を感じて、小さな幸せにワクワクしながらノンビリと…

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。