take a nap

毎日のんびり 日々の暮らしの中の出来事を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男だったら

良かったのに、あの人は。

って言葉、子供の頃から時々聞く事ありました。
それは、普通にお嫁さんに行って家の中だけで暮らすよりも外でバリバリ仕事をする方がその人の良さを発揮できる、という様な意味だと思います。(今は結婚したってバリバリ仕事してる人もいるけれど) ワタクシは、そういう言葉を素直に「そういう仕事に向いている人というのがいるんだぁ」と自分とは無縁の世界の事と受け止めてました。だってワタクシは仕事なんて出来ないし、働くとか頑張るとか出来ない人なのですから。


昨日まで、本気でそう思ってました。


でも、誰でもない同居人に前触れもなく「お前は男だったら面白かったんだろうにな」って言われてビックリ。
だって、同居人との付き合いも短くはないのに、そんな事言われたの初めてだったから。
っていうか、そんな事ワタクシの人生の中で自分に向けられて言われるなんて想像もした事なかったから。え~っっ、私って仕事人間なの?普通、与えられてしまった仕事とか立場にはこういう風に接するんじゃないの?しかも、全然なんにも出来てないし…


っと少々パニック。

まぁ、確かに寝ても覚めても仕事の事が頭から離れないけど…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

fumikichi1103

Author:fumikichi1103
九州火の国で暮らしてます。
季節を感じて、小さな幸せにワクワクしながらノンビリと…

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。